ルート営業への転職時の注意点4選|営業マンの市場価値を上げるコツ

ルート営業への転職

◆ この記事をおすすめする読者の皆様

● 「ルート営業」をどの業界、どの企業で経験するのがおすすめかを知りたい人
● 納得できる「ルート営業」への転職をするのに気を付けることを知りたい人

ヨシゴマは営業マンの働き方のなかでも「ルート営業」をイチオシしています。

イチオシする最大の理由は「ルート営業は営業マンのもっとも大切なスキルの習得に集中できるから」です。

しかし、転職する業界や企業を間違えると営業マンの大切なスキルを学ぶことなく同じお客さんをぐるぐる回るだけの「ルート営業モドキ」として働くことになりかねません。

ヨシゴマ
ヨシゴマ

営業一筋20年、転職経験2回のヨシゴマがルート営業のスキルアップにつながる転職の注意点を解説するよ!

◆ この記事でわかること

● 「ルート営業」の中でも『お客さんの「No!」を「Yes!」にするスキル』を磨ける環境の企業を選んで働くことが大切
● 希望に沿った転職をするには転職エージェントを利用することが必要

◆ この記事の結論

● いわゆる「ルート営業」の中にはルーティン業務の割合が高い「ルート営業モドキ」があるので注意が必要
● 営業マンの重要なスキルを磨く環境に転職するには信頼できる転職エージェントの活用が不可欠

スポンサーリンク

注意点1:転職する企業により業務内容や働き方が大きく異なる

ルート営業の業務内容や働き方は転職する企業によって異なっています。

企業によってはルート営業の業務内容が「商品の定期的な配達+アルファ」となっている場合があります。「商品の定期的な配達」などのルーティンワークの割合が高い業務内容では自分の創意工夫を活かす場面が少なくなりがちです。

このような働き方をヨシゴマは「ルート営業モドキ」と呼んでいます。

ヨシゴマがルート営業をおすすめする業界は『お客さんの「No!」を「Yes!」にする経験をたくさん積むことができる業界』です。

ヨシゴマがおすすめするのは業務内容に「提案型営業」「コンサルティング営業」「ソリューション営業」などと呼ばれる、自社の商品・サービスに「提案・企画」を加えて提供する業務が中心となっている企業への転職です。

営業マンが磨くべき『お客さんの「No!」を「Yes!」にするスキル』を磨ける環境かどうか?を判断基準にすれば間違いはなくなります。

注意点2:転職する業界によって収入が大きく異なる

転職後に後悔することの上位に「給与、待遇が思ったものと違った」というものがあります。

会社員が得る給料の平均水準は業界によって決まっており、営業マンも例外ではありません。

つまり、稼げる業界で平均的な給料を得ている営業マンのほうが稼げない業界のトップ営業マンよりも給料が多いことがあるわけです。

仕事のやりがいを求めることももちろん大切ですが、長期間従事する仕事である以上、納得できる給与を得られていることは大切なことです。

給与水準が高いルート営業がある業界の特徴
  • 専門性が高い特殊な商品やサービスを取り扱っている
  • 商品、サービスの単価が高い
  • BtoB(企業が企業に対してモノやサービスを提供するビジネスモデル)

ルート営業は飛び込み営業やテレアポ営業のような顧客の新規開拓が必要とならないので一般的に給与水準が低くなっていますが、業界を選べば十分に高い年収を得ることができます。

年収が下がる転職はよほどの理由がない限りおすすめはしません。仕事に対する満足度が下がりやすいことに加えて、市場からの評価が下がり次の転職が不利になるからです。

転職前に業界の給与水準は十分に注意をして確認をするようにしましょう。

注意点3:転職をするなら年齢が若いほど有利になる

ルート営業の営業マンとして転職を希望するなら年齢は若いほど有利になります。

一般的に言われていることですが、年齢が上がれば上がるほど転職する業種での経験値やマネジメント技術が求められるようになります。

特別なスキルや経験値がなく、未経験のルート営業の担当者として転職をするには年齢は若いほど企業に受け入れられやすくなるわけです。

若い時にほど転職を検討すべき別の理由に「若い人ほど転職によって年収が上がりやすい」ことがあります。

下の図にあるように20~30代の若い人ほど転職によって年収が上がりやすくなっています。

この図は転職によって年収がどのように変化したかを年代別に調査した結果です。年齢が若いほどに転職によって年収が上がりやすい傾向があることがわかります。

引用 厚生労働省「平成27年転職者実態調査の概況」より作図

つまり、年齢が若いことはそれだけで転職市場での武器の一つになります。

年齢を重ねて豊富なキャリアや業務に活かせるスキルを蓄えられればビジネスマンとして稼ぐのに困ることはありません。

一方で、現在の就労環境ではキャリアやスキルが蓄積しない場合はなるべく若い時に転職を積極的に検討することを強くおすすめします。

注意点4:転職エージェントを使えば希望に合った企業に転職しやすくなる

日本国内の法人企業数は約171万社と言われています(平成24年経済センサス‐総務省統計局)。

その中で従業員規模1000人以上は約3400社、従業員数5000人以上の企業も約500社あります。

これだけ多数の企業の中から「ルート営業のスキルを磨ける企業」「給与・待遇が条件に合う企業」を自力で見つけ出すのは不可能です。

ですので、ヨシゴマは転職を検討するときには転職エージェントを活用することを強くおすすめします。というより、転職エージェントなしで未経験業界に転職するのはあまりにも無謀だと言い切ることができます。

よく似ているものに「転職サイト」がありますが、おすすめしている転職エージェントとは別物です。

転職エージェントには転職サイトにはないメリットが多数ありますが、ヨシゴマがもっとも重要視しているのは「非公開求人」の存在です。

企業側が「求める人材」にだけ効率的に採用活動行うには、転職サイトで広く募集者を募るよりも転職エージェントを使ってピンポイントで求人をする方が都合がよいため、多数の「非公開求人」が存在しています。

「非公開求人」の情報は転職サイトでは閲覧できませんので、転職エージェントに仲介を依頼することが不可欠になります。

「非公開求人」の情報以外にも、「求職者のスキルの棚卸」や「転職活動に伴う諸手続きの代行」などを担ってくれるとても頼りになる存在です。

信頼できる転職エージェントの担当者に出会えれば納得できる転職できる可能性がグッと高くなると頭に入れておいてください。

転職エージェントの活用に費用は掛からないので転職をするつもりがある人はもちろん、まだ真剣に転職を考えていない人も登録をしておくことをおすすめします。

まとめ

ヨシゴマがおすすめするのは『お客さんの「No!」を「Yes!」にする経験』を積むことで営業マンとしてもっとも大切なスキルを磨ける環境のルート営業への転職です。

ただし、転職業界で「ルート営業」として紹介されている案件の中には、同じお客さんをぐるぐる回って定期的に商品を届けるだけのものもあります。

このような「ルート営業モドキ」として働いても営業マンとしての市場価値が上がる経験やスキルを磨くことができないので注意が必要です。

ルート営業として営業マンとしてのスキルを磨くことができ、満足できる待遇や収入を得ることができる企業に転職するためには多くの非公開求人にもアクセスできる転職エージェントの活用が必要になります。

また、ルート営業の未経験者が好条件で転職するには年齢は若いほど有利なので、若いうちから転職エージェントに登録だけはしておくことをおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました