ルート営業をおすすめする理由5選|営業スキルを学びたい人必見

ルート営業のおすすめ理由

◆ この記事をおすすめする読者の皆様

● 「ルート営業」と「飛び込み営業・テレアポ営業」のどちらになるかを迷っている人
● ルート営業がおすすめの働き方である理由を知りたい人

営業マンの働き方にはたくさんの種類があり、働く環境は大きく異なっています。

そして、ヨシゴマがおすすめする営業マンの働き方は「ルート営業」です。

ヨシゴマが「ルート営業」をおすすめする最大の理由は「ルート営業は営業マンのもっとも大切なスキルの習得に集中できるから」です。

つまり、営業マンのもっとも大切なスキルである「お客さんのココロを変化させるスキル」を身につけるには時間がかかるので、ルート営業マンとして働く環境が最も理想的だということです。

ヨシゴマ
ヨシゴマ

営業一筋20年のヨシゴマが営業マンに必要なスキルを身につけるのに「ルート営業」が最適な理由を解説するよ!

◆ この記事でわかること

● 営業マンの働き方の中で「ルート営業」がもっともおすすめな理由
● 「飛び込み営業やテレアポ営業」がおすすめできない理由

◆ この記事の結論

● 「ルート営業」は農耕型の営業で、腰を据えた営業活動を通して営業マンに必要なスキルを身につけやすい環境である
● お客さんと話をする前に数多くの門前払いを受ける必要がないため、一般的に考えられている営業マンの最大のストレス源がない

スポンサーリンク

営業マンの働き方の中で「ルート営業」がもっともおすすめ!

営業はお客さんに自分が取り扱う商品の購入をすすめるのが仕事ですが、営業マンの働き方にはいくつかの種類があります。

ここでは代表的な5つを紹介します。

営業マンの働き方の種類
  • テレアポ営業
  • 飛び込み営業
  • ルート営業
  • インバウンド営業
  • 店舗での販売員

この中でヨシゴマがおすすめするのは断然「ルート営業」です。

ヨシゴマがルート営業をおすすめする5つの理由を解説します。

おすすめ理由1:営業のもっとも大切なスキルの習得に集中できる

ルート営業をおすすめする最大の理由はルート営業は営業マンのもっとも大切なスキルの習得に集中できるからです。

営業マンの仕事で一番重要なのは「この商材は不要だと思っていたけど、よくよく考えてみると絶対にあった方がいい!購入します!!」とお客さんのココロを変化させることです。
ヨシゴマはこれを「不要の壁の突破」と呼んでいます。

他のタイプの営業と比べて、ルート営業ではお客さんのココロを変化させて不要の壁を突破するプロセスがギュッと濃縮されているので、ルート営業では営業マンとしてもっとも大切なスキルの習得に頻繁に取り組めるので市場価値の高い営業マンになりやすくなっています。

おすすめ理由2:飛び込み営業やテレアポ営業よりストレスが少ない

営業マンは少なからずストレスにさらされる仕事です。

というのも営業マンは「この商材は不要だと思うとお客さん」を相手にして、お客さんのココロを変化させるのが仕事なので必ず最初には「No!」と言われるからです。

お客さんから最初に「No!」と言われるストレスにさらされるのはすべての営業マンに共通しています。

さらに、飛び込み営業やテレアポ営業ではお客さんとまともに話をする前に膨大な数の「No!」を言われまくります!

飛び込み営業やテレアポ営業では取り扱う商品にもよりますが、100~200回に1回の割合で話を聞いてくれる見込み客に会えると言われています。

つまり、1回話をする前に99~199回もの「No!」を言われまくるわけで、とても大きなストレスを営業マンにかけています。

「営業マン=つらい仕事」とのイメージを持つ人の多くは、飛び込み営業やテレアポ営業で門前払いを受け続けることを理由にしていることが多くあります。

一方でルート営業の場合はお客さんは基本的に話は聞いてくれます。

つまり、飛び込み営業やテレアポ営業に比べて「No!」と言われる回数が99~199回少ないので、ルート営業では営業マンが受けるストレスも少なくなっています。

おすすめ理由3:長期間にわたって活躍できる

ルート営業は既に取引のあるお客さんと長い時間をかけて関係を構築していくタイプの営業です。

ひと言でいえば「農耕型」の営業スタイルということができます。

一方で、飛び込み営業やテレアポ営業は次から次へと見込み客を開拓し続けるタイプの営業で、ひと言でいえば「狩猟型」の営業スタイルということができます。

じっくり時間をかける「農耕型」のルート営業と、短時間で成功と失敗を繰り返す「狩猟型」の飛び込み営業やテレアポ営業のどちらを選ぶかは好き好きですが、ヨシゴマがおすすめするのは「農耕型」のルート営業になります。

営業マンのもっとも大切な営業スキルの向上には時間がかかるので、ルート営業のように1つの案件とお客さんに時間をかけて取り組む中でスキル向上を目指すのが望ましいからです。

真面目にコツコツと努力ができる性格であれば、お客さんとの交渉の中で自分自身を成長させることができるルート営業が長期間にわたって活躍し続けることができる働き方です。

おすすめ理由4:安定した給与所得を得やすい

ルート営業は良い意味でも悪い意味でも給料が安定しやすくなっています。

良い意味とは「営業成績が良くなくても、それなりの給料がもらえる」ということで、悪い意味とは「どんなに営業成績が良くても、びっくりするような給料はもらえない」ということです。

良くも悪くも平均的な給与所得を得やすい働き方だということです。

ルート営業は「農耕型」のため、営業の成果が上がるまでにある程度の時間が必要となっています。

そのため、営業マンがじっくりと腰を据えて取り組めるように成果に連動した部分の給与の上下が緩やかになっています。

一方で飛び込み営業やテレアポ営業は「狩猟型」なので、営業の成果の白黒がすぐにつきます。

立て続けに新規顧客を開拓すればインセンティブが発生し、給料は青天井に上昇します。しかし、新規開拓ができなければ生活を成り立たせるだけの収入を得ることさえできません。

営業スキルを身につけるのにもある程度の時間がかかるので、ヨシゴマはルート営業で腰を据えて働く環境をおすすめします。

おすすめ理由5:ホワイトな労働環境の企業が多い

次から次へと新規の顧客が獲得できないルート営業で取り扱う商品は単価が高くなる傾向があります。

そして、お客さんあたりの単価が高い「いわゆる高額商品」を取り扱う企業は、企業規模は大きくなる傾向があります。

つまり大企業や大手企業になります。

大企業は組織の財務がしっかりしており、また法令順守に力を入れていることが多いのでホワイトな労働環境のケースが多くあります。

ただし、コンプライアンスが高く労働環境が整備されている企業では、営業マンに対しても高い倫理観を求めるケースが多くあります。

そのため、「お客さんをダマしてでも売り上げを上げようとする営業マン」や「外回りに出かけるとウソをついてサボる営業マン」は淘汰されていきますので注意が必要です。

まとめ

ひと言で「営業マン」と言っても働き方は大きく異なっています。

数ある営業マンの働き方の中でヨシゴマがもっともおすすめするのは「ルート営業」です。

ルート営業には営業マンにとってもっとも大切なスキルである「この商材は不要だと思っていたけど、よくよく考えてみると絶対にあった方がいい!購入します!!」とお客さんのココロを変化させることに長期間集中できる環境があります。

また、一般的に営業マンの大きなストレス源となっている「お客お客さんと話をする前に数多くの門前払いを受けること」が少ないため、誰でも働きやすい環境になっています。

これから営業マンとして働き始める人や飛び込み営業やテレアポ営業で疲れ切った人はぜひ一度「ルート営業」に挑戦してみることをおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました